2017年09月27日

1.  専務役員 Chief Safety Technology Officer 伊勢清貴からのメッセージ

 

トヨタは交通事故死傷者ゼロを目指し、1990年代から自動運転技術の研究開発に取り組んでまいりました。

トヨタ リサーチ インスティテュート(TRI)、トヨタコネクティッド(TC)の設立以降、近年、当社の自動運転にかかる研究は従来よりも一層、加速しています。

今回、当社の自動運転にかかる全体的なアプローチを取りまとめた本白書を発表することで、当社の考え方をご理解いただく一助になればと考えています。

自動運転技術を備えた車両は、社会に多くの恩恵をもたらしますが、トヨタの最優先事項の一つは、まず安全に貢献することです。

将来のある時点で、クルマは、ドライバーに代わって運転してくれる能力を備えることになるかとは思いますが、当社は、クルマとドライバーがパートナーとして協力し合うことで、より安全性を高めることができると考えています。

この考え方をMobility Teammate Concept(MTC)と呼んでいます。

車両が、人や交通状況を常に予測し、連携することによって、交通事故死傷者のない未来に近づくことができるのです。

2020年には、ドライバーが監視することで、高速道路を自動運転できる、自動運転技術を備えたクルマが登場します。MTCの考え方に基づき、システムは、高速道路走行時、交通状況を把握、意思決定し、操作します。

自動運転技術・先進安全技術をできるだけ多くの人に利用していただくことについても、配慮しています。

米国、欧州、そして日本で、2017年末までに、新たに販売されるトヨタとレクサスのほとんどの車両に、Toyota Safety Sense、あるいはLexus Safety System +を装備しようとしているのはこのためです。

自動運転技術の調査研究への努力を進めていくと共に、その際に学んだことを将来の安全システムに反映させていきます。あらゆる人に恩恵をもたらす、将来のより良い、より安全性の高いクルマづくりに貢献していく所存です。

トヨタ自動車株式会社
専務役員
Chief Safety Technology Officer
伊勢清貴

伊勢清貴

ダウンロード

  • トヨタの自動運転への取り組み-ビジョン、戦略、開発(自動運転白書)
    トヨタの自動運転への取り組み
    -ビジョン、戦略、開発
    (自動運転白書)