Sep. 01, 2015

災害に強い地域・社会づくりを目指して『非常時電源供給』専用WEBページを公開しました

 

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、外部電源供給を通じた「災害に強い地域・社会づくり」を目指し、プリウスPHVをはじめとした「非常時電源供給」について紹介するWEBページを、2015年9月1日(火)に公開した。

 外部電源供給システムを使えば、非常時の電源としてクルマが持つエネルギーを活用することが可能になる。2011年3月11日に起きた東日本大震災をきっかけに、次世代エコカーを災害時に使用する動きがさまざまな自治体や企業で見受けられるようになってきた。また、近年は異常気象による土砂災害のニュースが目立ったこともあり、ライフラインが停止した際の備蓄として、「食料」だけではなく、「エネルギー」の備蓄も注目されつつある。トヨタでは今後本WEBページで、随時活用事例等の情報を掲載していく予定である。

外部電源供給システムとは

 外部電源供給システムはエコカーの代表であるハイブリッドカー(HV)の一部車種およびプラグインハイブリッドカー(PHV)、燃料電池自動車(FCV)に設定が可能(※1)で、屋外で電力の供給がなくても、クルマに搭載されたバッテリーからの電力供給で、TVやPC、炊飯器やドライヤーなどの電化製品(※2)を動かすことができる。
 プリウスPHVの場合、AC100V最大出力1500W(※3)の電力供給が可能で、合計1500W以下であれば同時に複数の家電を使うことができる。またバッテリー容量が減ると自動的にエンジンが始動して発電するため、フル充電・ガソリン満タンの状態であれば、非常時には一般家庭約4日分(※4)の電力を使用することが可能。

これまでの外部電源供給システム活用事例
宮城県警察

 2012年にプリウスPHVを12台導入。震災後、広範囲で停電が発生し、設備も海水に浸かり電力の供給ができなくなってしまったことがきっかけ。プリウスPHVに蓄電した電力を使用し、信号機の稼動や電光表示板の点灯に役立たせる。移動できる観点より、トラブル発生時に現場に急行し、現地で電力が使用できることも導入のきっかけ。また実際に災害時の停電を想定して、プリウスPHVのパトカーの外部電源供給システムで信号機を点灯させるという訓練を実施。結果は、現場に到着から30秒で点灯成功し、プリウスPHVの非常時に役立つ一面が実証された。

  • PHVパトカー
  • PHVパトカー
豊田市立藤岡南中学校

 東南海地震を想定した防災キャンプを実施。プリウスPHVは、灯りの確保や炊き出し用家電の電源として活躍。中学生たちの防災訓練に確かな成果をもたらした。

  • 藤岡南中学校
  • 藤岡南中学校

『非常時電源供給』に関するWEBページでは、随時、活用事例を紹介予定。
http://toyota.jp/priusphv/cp/external/

バッテリーの充電量が少なくなると、停車時でもエンジンがかかります。
一部地域では車両の停止中にエンジンを始動させた場合、条例に触れ罰則を受けることがありますので充分にご注意ください。
※1
外部電源供給システムの搭載車種については下記WEBページをご確認ください。
http://toyota.jp/priusphv/cp/external/
※2
製品によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず取扱書をご覧ください。
※3
合計1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、1500W以下の電気製品でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
※4
一般家庭が日常使用する電力量(一日あたり約10kWh)で換算した場合。

以上

ダウンロード(画像)

  • 『非常時電源供給』専用WEBページ
    『非常時電源供給』専用WEBページ
  • PHVパトカー
    PHVパトカー
  • PHVパトカー
    PHVパトカー
  • 藤岡南中学校
    藤岡南中学校
  • 藤岡南中学校
    藤岡南中学校